Marantz Model7 KCXXIII(23) の作製
ガレージメーカーが作ったModel7のコピーシャーシを使ったモデル7クローン(22)を完成させられていません。それは、今年(2021年)夏から 東京の自宅を長男夫妻と住むための2世帯住宅へとリフォームする話が持ち上がり、2021年初頭から不用品に対する断捨離の嵐が吹き荒れていましたので、 アンプ作成などする気持ちになれないでいたからです。そんな折り、出張の帰りに秋葉原で降りてなにげなく電気部品を冷やかして帰ろうとおもった 2月下旬のことでした。若松通商でウインドウの中に陳列されていたArizona Capacitorのオイルキャップを偶然見てしまいました。お財布を見たら あまり暖かくなかったのですが、0.1μF2個と0.01μF4個をなんとか購入できるお金がありました。後先考えずに購入してしまいました。
アリゾナキャパシターのオイルキャップで構成されたモデル7を作ろうと漠然としながらも決断した時でした。 モデル7クローン22は全く手をつける気力が湧かないのに、新しいプロジェクトは手が進んでしまいます。 気がついたらシャーシの金物加工、塗装、レタリングやメインボードが完成していました。
その後、東京の自宅でどうしても残しておきたいものなどを京都の下宿に送ったり慌ただしい日々を過ごしておりました。またコロナも蔓延しており 何も計画的にできない状況が続いておりました。幸い、夏になりリフォームのための一時の引っ越し作業も順調に進み、ひと段落いたしました。 こんな中で良いことも少しありました。今まで集めていたアンプや、真空管などヤフオクで処分しましたので、少しだけ懐が温まっていました。 そんな折にまた秋葉原に行くことがあり、若松に行きましたら、なんとArizona Capacitorが品切れで販売していませんでした。 いつかはアリゾナのオイルキャップを使ったモデル7のクローンを作りたい気持ちが漠然とありましたから、大変焦りました。 お店の方に尋ねると一時的な欠品ということでしたから、思わず注文してしまいました。地方へも発送してくれるということで 京都に送ってもらいました。アリゾナキャパシターのオイルキャップは0.01μFx4個、0.1μF2個、0.22μF/400V4個と0.47μF2個です。
0.47μFは2つとも0.45μFと少し小さめでしたがよく揃っていました。0.22μFのコンデンサーは0.215、0.216、0.233、0,234μFでした。 幸い、値の小さいものと大きいものとに分けて使えば問題ないと思われます。アリゾナキャパシターの数値は素晴らしいです。 0.1μFのコンデンサーは0.103と0.105μFでした。0.01μFのコンデンサーは0.097、0.097、0.103、0.104μFでした。 Tone回路のNFBを構成するβ回路用のCRは82kΩと0.33μFです。この0.33μFは以前に複数個購入していたGudemanのオイルキャップを使う ことにしました。
容量は0.320と0.322μFでした。その他のコンデンサーとしてはイコライザーの初段と次段の電解コンデンサーはSpragueのタンタルを 採用しました。221と222μFでした。100μFのものは97と98μFでした。コンデンサーについてはこれ以上は望めないものと信じています。
これらのコンデンサーをメイボードに取り付けます。また、抵抗も取り付けて、フロントサブパネルの金物加工、トーン回路ようCR の取り付け、電源ボード、イコライザー周り、フィルター周りの加工して、最後の砦のRCAプラグからセレクターへの配線をして 完成ということになります。道は遠いですが、焦らず進めていこうと思います。音の違いがわかるのか大変楽しみです。 ブラックビューティで構成されたものとじっくりと比較してみたいです。

プロフィール  作品集  徒然なるままに  好きな音楽



inserted by FC2 system